シン・アリとキリギリス(と、ワニ)


イソップ寓話のひとつで、ほとんどのヒトがご存知なのではないでしょうか。この寓話には、3とおりの結末があるそうです。ボクが知っているのは、

1. キリギリスは夏の間、バイオリンを弾いてばかりいる

2. アリはせっせと働いている

3. 冬になりキリギリスは食料がなくなる

4. キリギリスはアリに「食べるものをください」とお願いする

5.アリから食べ物を分けてもらえず、餓死する

というパターンです。

この話を読んで子どもながらに感じたことは「働かざるもの食うべからず」という類の教訓でした。真面目に働いていないと、死んじゃうよ、といったことが刷り込まれてきたような気がします。

プラーナをはじめて数年した頃、ふとこの寓話を思い出したのですが、アリが正しくて、キリギリスは間違っていたのかと。ちなみに、バイオリン(楽器)って、そうとう練習しないと、じょうずに弾けませんよね。

この「アリとキリギリス」は、時代によって解釈が大きく異なるのではないかと思いました。だから、結末が3とおりあるのではないかと思いました。

・・・残りの2つの結末、気になります?笑

結末A:アリから食べ物を分けてもらえず、餓死する

結末B:アリから食べ物を分けてもらう代わりに、バイオリンを演奏し、改心して、翌年から真面目に働く

結末C:アリに「夏はバイオリンを弾いていたんだから、冬も弾いてればいいんじゃない?」と言われるのですが、「もう演奏するべき曲はすべて演奏したんだ。キミはボクの亡骸を食べて生き延びればいいよ」と答えます。

この3つのパターンはネットで検索して見つけたものを、プラーナなりの解釈ですこしアレンジしましたので、正しい情報を知りたい方は、調べてみてくださいね。

これを調べていて「あれ?AB、どちらも聞いたことがあるな」と思ったのですが、Cは初耳でした。Cに関しては、キリギリスの気持ちにダイブすると、キリギリスはじぶんの寿命を知っていて、それまでに、じぶんがやりたいことを全う(まっとう)したんじゃないのかなって。

結末A、結末B、結末C、は、それぞれ、昭和、平成、令和、の価値観にマッチングするような気がしました。

ちなみに今日は、春分の日。西洋占星術の世界では「1年が始まる日」です。アリとキリギリスを象徴的に(メタ的に)捉えるならば、アリ=実利的、キリギリス=感性的、と解釈できるかもしれません。そして、Twitterで話題の「100日後に死ぬワニ」の100日目でもあります。

果たしてボクは、アリなのか、キリギリスなのか、ワニなのか。


<自己紹介>
ハーバルカフェプラーナ店主の神馬(ジンバ)です。2011年4月からプラーナを開業して、ハーブとアロマの専門店をしています。日本メディカルハーブ協会認定のハーバルセラピストです。ハーブ専門家として活動や、セラピストとして「ライフスタイルデザイン」のアドバイスをしています。お仕事のご依頼、お待ちしております。

応援よろしくお願いいたします
オンラインストアはこちらをクリック
プラーナの目的は「ハーブやアロマを活用して疲れを癒すライフスタイル」を普及すること