今年からハーブティーを飲み始めて


「はじめてなんですけど…」

とお声掛けいただきまして、「何をお探しですか?」と伺ったところ、「今年から、このハーブティーを飲んでいて、癒されているんです」と、カバンから取り出して、見せてくれました。別のお店のハーブティー。こういうの、ぜんぜんOKです。だって、ボクもたのしいから。

「あなたのブレンド」を作るにあたって

「こんなハーブティーが好きです/苦手です」というのは、とても参考になります。いままで飲んできたハーブティーや、おいしかったハーブティーのブレンドを教えてもらえるのは、体質や体調のことも想像しやすいし、どんな気分なのかなーっていうのも、つかみやすいからです。

今回持ってきていただいたのは

他県の個人店のようなパッケージでしたが、「朝用」と「夜用」の2種類のパッケージを見せていただきました。このブレンドを作った人は、こういうことを大切にして、この調合にしたのかなー、とか、思いを馳せてしまいました。笑

ブレンドされたハーブから推測すると

胃腸の不調によさそうなブレンドでしたが、ご本人に「胃腸の調子はどうですか?」とたずねたところ、とくに気になっていないし、不調もない、ということ。やっぱり、こういうのは聞いてみないとわからないものです。

プラーナのチェックリストにご記入いただき、お持ちいただいたハーブを参考にしながら、ブレンドをお作りさせていただきました。朝はシャキッと、夜はリラックス、と自律神経をサポートするような、メリハリをつけたブレンドになりました。

プラーナ以外のハーブティーもお持ちください

もし、「あの時飲んだ/買った、ハーブティーをまた飲みたい」というご希望がありましたら、ぜひ、他店のパッケージ、茶葉、スーパーで買ったティーバッグ、などをお持ちください。プラーナでは40種類上のハーブを取り扱いしています。「まったくおなじ」とはいかないかもしれませんが、似たようなブレンドをお作りすることができます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おまけ:同業他社の方へ

プラーナは、「ハーブやアロマを普及したい」と思っているので、同業他社は、同じ思いや志をもった仲間、だと考えています。中長期的に見て、「ハーブやアロマの世界が広がってくれればいい」と考えています。そうすることで、結果的に、ハーブやアロマを利用する人が増えていくわけですから、売り上げだって、上がっていくはずです。そういう意味でも、コラボしたり、情報共有したり、連携できたら、「ハーブとアロマを普及したい」という目的を達成するためのチームになれるんじゃないかと思っています。・・・そうはいっても、それぞれのお店に方針があると思うので、お互いがお互いを大切に、尊重(リスペクト)できる人たちと同盟を結んでいけたらいいなぁ、って思います。お客さんがどうやってお店を選ぶかは、お客さんの問題なので、プラーナにはどうすることもできないし、そこは切り分けるようにしています。笑

 


<自己紹介>
ハーバルカフェプラーナ店主の神馬(ジンバ)です。2011年4月からプラーナを開業して、ハーブとアロマの専門店をしています。日本メディカルハーブ協会認定のハーバルセラピストです。ハーブ専門家として活動や、セラピストとして「ライフスタイルデザイン」のアドバイスをしています。お仕事のご依頼、お待ちしております。

応援よろしくお願いいたします
オンラインストアはこちらをクリック
プラーナの目的は「ハーブやアロマを活用して疲れを癒すライフスタイル」を普及すること