【お風呂 で かんたん アロマ 活用 法 〜 シャワー で 精油 を たのしもう 〜】| おすすめ の アロマ ( 精油 )もご紹介| 正しい知識 で トラブル 回避


「お風呂にいれてもいいのでしょうか?」と、常連さんからご質問をいただきました。精油がなかなか使いきれなくて、お風呂なら、使えるなー、と。たしかに。AEAJによると、「最大で5滴までいれてもOK」と言われています。

アロマテラピーに使用できるのは

「精油/エッセンシャルオイル」だけです。ほかのものは、オススメしません。ほかのものといえば、「アロマオイル」などと表記されて販売されているものです。これは、注意書きをよく見ると「香りを楽しむためだけに使用してください」とか「芳香浴専用」などと、記載されています。お手持ちの「アロマオイル」がありましたら確認してみてください。

プラーナで買った精油は、だいじょうぶですよ〜。あ、1つ注意点が。精油は、アロマテラピーに使えるのですが、

  • ブレンド精油は、芳香浴など香りを楽しむためだけ、に使用してください

ブレンド精油は、複数の精油が混ざり合っているものなので、うっかりトリートメントなどに使用すると、予期せぬアレルギー反応などが出る場合があります。各メーカーで、パッケージに注意書きが記載されておりますので、使用前には、トラブル防止のために、必ずご確認ください。

アロマテラピーってなんだっけ?というかたは、こちらの記事をご確認ください。

アロマテラピー はじめの一歩

お風呂に精油は実際、どうなの?

と、すこし調べてみると、「お風呂に精油を入れる」のには、賛否両論あります。実際のところ、「お風呂に精油を入れて、トラブルがあった」という事例も報告されています。

じつは、わたしもトラブル経験者でして。どんなことが起こるのかと言うと、

  • 肌に発疹がでる
  • 肌が痒くなる

などが入浴中、または入浴直後に現れました。このような場合は、

  • シャワーでよく洗い流す
  • ボディソープや石鹸などで体をやさしく洗う

をしてください。これでおさまらなければ、なるべく早めに皮膚科などを受診してください。

このようなことが現れる理由としては

  • アレルギー反応が現れた
  • 柑橘系の精油は刺激が強く、合わない場合がある
  • よくかき混ぜなかったので、水面に精油が浮いていた
  • 疲れが溜まっていて抵抗力が落ちていた

などが考えられます。こういったことを予防するためには、エタノールや植物油で薄めたもの(希釈したもの)をお風呂に入れることをおすすめします。

他の注意事項としては

  • 精油を入れたお湯で、顔を洗わない
  • とくに、目、鼻、口、などの粘膜まわり
  • お子さんと入浴する時は気を付ける

など注意してください。

ここで、プラーナからのご提案です。

お風呂で安全に、アロマテラピーをたのしむ(精油を楽しむ)には、「シャワーをする時にアロマを楽しむ」ことをおすすめします。

やり方は、以下の通りです。

  • シャワー(お風呂)の前に精油を用意する
  • 浴室の床に精油を2〜3滴落とす
  • できれば、踏まないように、隅っこがおすすめ
  • 普通にシャワーをする

これで、なぜ、シャワーをするときに、アロマが楽しめるのかというと、シャワーが浴室の床全体にかかりますので、その温熱と水流(ミスト)で、精油の香りが揮発して、浴室内の空間に広がるから、です。

精油は、文字通り「油」なのですが、ボディーソープやシャンプーなどが床に広がりますので、精油も一緒に流れ落ちやすくなりますから、床の傷みなども、比較的安心です。気になる方は、使用後によく洗い流してください。

これなら「精油が直接肌に触れることは、ほとんどない」ので、お肌のトラブルはだいぶ防げると思います。

注意事項としては、

  • 踏まないように気を付ける
  • 精油の量が多いと、揮発した時に、目にしみたりする

などが考えられます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?わたしは、

  • 朝のシャワー用の精油(ハッカ、ペパーミント、ローズマリー、柑橘系、ユーカリ、などすっきりしたものがおすすめ)
  • 夜のシャワー用の精油(ラベンダー、ゼラニウム、レモン、マジョラム、)

と、2種類を使い分けて、朝と夜のスイッチを切り替えるようにしています。

  • 朝は「よーし、やるぞー」と、元気が出るもの
  • 夜は「今日もがんばった〜、癒されたい〜、ぐっすり寝た〜い」

など、じぶんの好みの香りを探して、使い分けてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


応援よろしくお願いいたします
オンラインストアはこちらをクリック
プラーナの目的は「ハーブやアロマを活用して疲れを癒すライフスタイル」を普及すること