偏頭痛 の 予防 に おすすめ の ハーブティー | 体質 や 気圧 、 体調 や 生活習慣 で 起こる 頭痛 には ハーブティー で ケア してみよう | メディカル ハーブ の 専門家 が 選ぶ ハーブ 5選


今回は頭痛に関する話題です。プラーナ でも「頭痛がつらくて・・・」というお客様が一定数おります。確実に痛みをブロックしたいのであれば、医薬品が効くと思いますが、日々の暮らしの中で、体質や体調を整えながら、予防的に頭痛のケアをしたい方には、ハーブティーをオススメしています。

注意事項

頭痛は「大きな病気の兆候」と言われたりもしていますので、我慢せずに、一度、専門の医師の診察を受けることをオススメいたします。

頭痛のタイプ

頭痛について調べてみると、2種類のタイプがあって、それぞれ対処法が異なるようです。

  • 「ドクドク」と脈打つような頭痛( A )
  • 「キューっ」と締め付けられるような頭痛( B )

( A )の場合

これは、「血流が影響している頭痛」といわれています。なので、血流を整えることによって、改善するといわれています。

( B )の場合

これは、「緊張が影響している頭痛」といわれています。なので、緊張を緩和することによって、改善すると言われています。

ハーブティーで予防するには

このように、「頭痛にも原因がある」と考えると、その原因に対して、本質的にアプローチしていくことを選択していきましょう。ほかにも、頭痛の原因として

  • 胃腸の不調からくる頭痛
  • 日々の姿勢からくる頭痛
  • 季節の変わり目からくる頭痛
  • 体調不良からくる頭痛
  • ストレスからくる頭痛
  • 疲れからくる頭痛
  • 睡眠不足からくる頭痛

など、いろいろなパターンが考えられます。

オススメのハーブティー

それでは、オススメのハーブティーをご紹介いたします。

  1. フィーバーフュー(血流を整える|ちょっと苦い)
  2. パッションフラワー(緊張を緩和する|草っぽい)
  3. カモミール(胃の調子を整える|花粉症がある人は注意)
  4. ローズマリー(血流を整える|さっぱりとした味)
  5. ペパーミント(リフレッシュする|すっきりとした味)

ハーブには、多様な作用がありますので、1つに限定することはできませんが、今回の目的において、ピックアップするとしたら、上記のような記載と特徴になるかと思います。

どれを選んだらいいのか

ハーブの専門家に相談しながら選ぶのが良いと思いますが、まずは自分の体質や状況、環境を考えて、選んでみてください。上記の順番で試していくのが、効率が良いかもしれませんが、相性がありますので、なんとも言えないのが、正直な見解です。

一部、「苦い味わい」や「不慣れな味や香り」ということもありますが、基本的には「おいしいな〜」「飲んでみたいな〜」という「五感」を選択の基準にするのも、良いことだと思います。

全部ブレンドしてみたら?

もちろん、それでもOKです。それぞれのハーブの「良いところ」が相乗効果を期待します。しかし、デメリットもあります。

  • 合わないハーブがあったときに、原因の特定がむずかしくなる
  • 合わないハーブがあったときに、すべてを疑って、やめなければならない
  • どれがよかったのか、わからない
  • 味がぼやけるが、飲みやすくなるとも言える

などが考えられます。

飲んだ後、どうなったのかを、感じ取ってみよう

いずれにしても、気になるハーブティーを試してみて、「どうだったのか」を感じ取ることを忘れないでください。よかったのか、わるかったのか、おいしかったのか、まずかったのか。日記があれば記載してみてもいいし、カレンダーに記録してみてもいいでしょう。

このようなことを続けていくと、自分の体調や体質、体や心の状態がわかるようになるので、予防をしやすくなります。

さいごに

いかがでしたでしょうか。「頭痛」と言っても、いろいろなタイプや原因がありますので、何を選ぶかは、じぶんで納得できる選択肢を選んでください。

これは頭痛だけにいえることではないですが、まずは「疲れを残さない」「疲れを癒す」ということを優先してくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


<自己紹介>
ハーバルカフェプラーナ店主の神馬(ジンバ)です。2011年4月からプラーナを開業して、ハーブとアロマの専門店をしています。日本メディカルハーブ協会認定のハーバルセラピストです。ハーブ専門家として活動や、セラピストとして「ライフスタイルデザイン」のアドバイスをしています。お仕事のご依頼、お待ちしております。

応援よろしくお願いいたします
オンラインストアはこちらをクリック
プラーナの目的は「ハーブやアロマを活用して疲れを癒すライフスタイル」を普及すること


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です