お灸 の ある 暮らし も なかなか 楽しい です | 生命 の 源 は 胃腸 から | 東洋医学 の 観点 から 健康 を 考えてみる | 足三里 大腸兪 小腸兪 脾兪 気海 中脘 |

プラーナでは、「お灸」もオススメしています。お灸について調べてみると、どうやら戦前までは各家庭で広く利用されていた、という記述がありました。しかしながら、良質な医療が普及されてからは、あまり注目されなくなってしまったようです。

日本人の生活が欧米化

明治維新、戦後、復興、近代化、と時代が進み、現在へと至りますが、わたしたちは「手に入れたもの」と「手放したもの」があります。それぞれに、メリットとデメリットがあるので、どれが良い、というのはなかなかむずしいと思います。そんな中、プラーナが言いたいことは

「じぶんにあった方法で、疲れを癒し、のびのびと暮らしてみよう」

と提案しています。

医療と予防のいいところを使おう

医療(治療)は、医療従事者が、病院で行います

医療は、なくてはならない存在です。科学的な手法から、十分な検証を重ねて得られた現代医療は、健康を取り戻すのに、とても重要です。しかしながら、専門性が高いため、医療従事者による適切な運用が必要です。

予防は、自分や家族が、家庭で行います

予防というのは、「健康法」の1つだと、プラーナは考えています。現代医療がない時代は、「ハーブ療法」というのも、有効だった(←過去形です)と思うのですが、やはり、抗生物質や、解熱剤、鎮痛剤は、だれにでも効くし、役立ちます。

現代医療が扱っていない分野があります。それが「予防」です。どうやって予防するのかと言うと、かつて「医療」として使われてきた「自然療法」を使ってみるのはいかがでしょうか。自然療法の多くは「家庭でできる」のが大きなメリットです。ただし、現代の科学からみると、「トンデモナイ」自然療法も、たくさんありますので、注意が必要です。

今回はお灸の話なので

お灸の話をします。笑 お灸は歴史も古く、日本人にもなじみがある「自然療法の1つ」です。とくに自然療法の中でも、「温熱療法」というジャンルになります。お灸は、ツボを刺激して、経絡を整えて、自然治癒力のバランスを整えます。考え方としては、人の体を「自然(地形など)」のように捉えているのが、おもしろいです。

お灸で使われる言葉や考え方は、独特なのですが、ここで大事なのは「自分に合ったツボ」を見つけて、自分のバランスを整える、というのが目的です。

おすすめのツボ

東洋医学では、「消化器系」ととても大切にしています。それは、「気・血・水」に欠かせないからです。それらを中心に、プラーナがオススメするツボをご紹介いたします。

  • 脾愈(ひゆ)
  • 大腸愈(だいちょうゆ)
  • 小腸愈(しょうちょうゆ)
  • 中脘(ちゅうかん)
  • 関元(かんげん)
  • 気海(きかい)

などがあります。お腹や背中にありますので、じぶんひとりではやりにくいかもしれません。家族やパートナーと一緒にたのしみながらやってみてください。

じぶんでできるツボ

  • 百会(ひゃくえ)
  • 足三里(あしさんり)
  • 手三里(てさんり)
  • 合谷(ごうこく)
  • 太衝(たいしょう)
  • 肩井(けんせい)

このへんは、じぶんで押したり、叩いたり、突っついたり、心地よい範囲で、刺激してみてください。

ツボの位置や場所

今回、このページに記載すると長くなりますので、割愛します。ネットで調べるといろいろ出てきますが、お灸メーカーの「せんねん灸」さんのウェブサイトにたくさん情報が載っていますので、チェックしてみてください。

https://www.sennenq.co.jp

おすすめのお灸

「昔ながらの火を使うタイプ」も改良を重ねて扱いやすくなってきましたが、やはり「直火」や「炎」が怖かったり、煙が苦手な場合もありますので、じぶんにあったものを選びましょう。

いまは「火を使わないお灸」というものがあります。シールを剥がすと、空気と反応して発熱し、心地よい温熱刺激が3時間ほど感じられます。

プラーナでも取り扱いしておりますので、気になる方はお問い合わせください。薬局などでも購入できると思いますが、プラーナでは私自身がお灸を使ってきていますので、経験に基づいたアドバイスができます。

さいごに

すこし長くなりましたが、今回はお灸について、記載してみました。お灸は「もぐさ」という材料を使用していますが、「もぐさ」は「よもぎの葉の裏にあるフサフサした部分」からできています。何を言いたいのかと言うと、「お灸もハーブ」ということです。

おうちで過ごす時間が増えてきましたが、ちょっと不思議でおもしろそうなことにもチャレンジしてみてください。

お試しセットの詰め合わせは1100円から取り扱いしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。





♦︎ オンラインストアのページはこちらから

♦︎ デザインやコンサルタントはこちらから

♦︎ 個人のブログはこちらから