回復の選択肢はたくさんもっておこう|魔法やアイテムでもOK|自然療法|ナチュロパシー


前にも書いたかもしれませんが、同じテーマを繰り返し発信してもいいよね。と思いまして、今回は、「回復」について書いてみます。

生きていると、不安を感じます

不安がない人は、おそらくいないでしょう。それは、大昔の人だってそうでしたから、人は「不安」からは、逃れられないんだと思います。逃れられない、って書くと、追い詰められているとか、犯人や敵がいるとか、そんな気分になりますね。

不安にも、いろいろな原因があると思うのですが、健康の定義から読み解いてみましょう。WHOでは、健康を次のように定義しています。

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)

この文章を噛み砕いて、不安という観点から眺めてみると

  • 肉体的な不安
  • 精神的な不安
  • 社会的な不安

ということになります。なので、ボクたちは、これらの「3つの不安」を「課題」として、どう捉えて、どう解決するのか、ということに取り組めばいいのです。

ただし、こうやって記事を書きながら、眺めていると、この3本柱は、でかいですね。意味が広い。ヒトによって、解釈の幅が、広い。

幅は広いですが、「目的」が明確化できるわけですから、あとは、「細分化」して、「目的」を達成するための「手段」を、「じぶんに合った方法」で、「解決する」ということになります。

たのしくても、疲れます

ストレスの面から考えても、人生の限られた時間のことから考えても、

  • イヤなことは、しない
  • やりたくないことは、やらない

というのが、ありますよね。「そうは言ったってさぁ・・・」と、言いたくもなりますが、論点がずれるので、今回は、言いません。笑

で、やりたいことをやっていると、たのしいです。充実感もあります。ところが、やりたいことをやっていると、

  • ずっとやりたくなる
  • 寝る暇も惜しむようになる
  • 疲れを疲れていないと思うようになる
  • 終わりがなくなる
  • いつもお祭り状態になる

のようなことが、起こり始めます。これは、ボクの経験から、そう思っています。こうなると、

  • ずっとスイッチが「ON」になってしまう
  • 曜日感覚がなくなってくる
  • 朝と昼と夜も関係なくなってくる

などがあらわれはじめて、1日のリズムが、少しずつ崩れてきます。こうやって文字に起こしてみると、怖くなってきました。あかんやん。そいだば、だめだ。

回復の選択肢を増やそう

そういうわけで、ヒトは「ちゃんと休まなければいけない」ということに、気づくのです。そこで、プラーナからのご提案。「回復の選択肢」を増やしましょう。これは、じぶんなりの「魔法」のようなものだと思ってもいいかもしれません。RPGに例えてみましょう。

ドラクエなら・・・

  • ホイミ
  • ベホイミ
  • ベホマ

ファイナルファンタジーなら・・・

  • ケアル
  • ケアルラ
  • ケアルガ

魔法が使えないなら、

  • ポーション
  • ハイパーポーション
  • エリクサー

とかどうでしょうか。

  • やくそう
  • 上やくそう
  • せかいじゅのしずく

でもいいかもしれません。まぁ、じぶんなりにイメージできれば、なんでもいいですね。笑

これらに該当する、じぶんなりの「回復の選択肢」を作りましょう。たとえば

  • お茶を飲む
  • 風呂に入る
  • ひたすら眠る

みたいなのは、いかがでしょうか。

 

ここで、さっき書いた「3つの不安」に当てはめてみましょう。

  • 肉体的な不安、を解決する、回復の選択肢
  • 精神的な不安、を解決する、回復の選択肢
  • 社会的な不安、を解決する、回復の選択肢

ここにハーブやアロマを当てはめてみると・・・

  • 肉体的な不安 = ハーブティー
  • 精神的な不安 = アロマテラピー
  • 社会的な不安 = 同じ価値をシェアできる仲間と喜びを分かち合う

と、いうのも、1つのライフスタイルだと思います。

さいごに

いかがでしたでしょうか。プラーナでは、主に、「自然療法(ナチュロパシー)」を回復の選択肢、としてオススメしています。たとえば、

  • 睡眠療法(ちゃんと寝よう)
  • 温泉療法(風呂に入ろう)
  • 温熱療法(お灸とか、冷え取りをしよう)
  • 森林療法(自然の中を散歩しよう)
  • 植物療法(草花に触れよう)
  • 食事療法(バランスよく食べよう)
  • 音楽療法(好きな音楽を聴こう)
  • 運動療法(体を動かそう)
  • 瞑想療法(脳の活動を整えよう)

などなど、いろいろな選択肢があると思います。ただし、

  • あやしいものも、あるかもしれません
  • じぶんにはあわないこともあるかもしれません
  • インチキ療法(=金儲けが目当て)もあるかもしれません

そんなときにヒントになるのが、「あまりお金がかからないもの」を選ぶようにしてください。高額な療法は、ほぼインチキです。なので、

  • それほどお金もかからず
  • 周りの人に迷惑をかけない
  • じぶんにあった回復の方法

を増やしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

P.S.

ハーブ事典もすこしずつ、更新しておりますので、チェックしてみてください。

ハーブ事典

 

 


応援よろしくお願いいたします
オンラインストアはこちらをクリック
プラーナの目的は「ハーブやアロマを活用して疲れを癒すライフスタイル」を普及すること


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です