「死ぬこと以外カスリ傷」の反対語は?|Twitterで見つけた、おもしろい視点


アロマテラピーの基礎を更新しました。

#11 精油の扱い方と保管方法|アロマのルールとマナーで快適に!

 

接客の時に、よく説明する内容なので、1度は読んでいただけたらと思います。

ツイッターを散歩していたら

おもしろい投稿がありました。

キーワード検索 > 最新 では、こんな投稿も。

川田十夢さんの視点

なんで、この投稿がいいのかなーと思ったのですが、ボクの好きな味だったからなのかなーと。他の方々の「生きてるだけで致命傷」というのも、すこしずつ想像を膨らませて言うと、あぁ、こういう味か。と思うところもあるのですが、川田十夢さんの「味付け」にハマってしまいました。

どちらのフレーズも、優秀だからこそ

「目にうつる全てのことはメッセージ」は、時代の洗礼を受けてなお支持されるフレーズで、ある意味、日本人のDNA的なレベルまで刷り込まれているような気がします。

一方で、「死ぬこと以外かすり傷」というのも、どこかで聞いてきた言葉ではあるけれど、勇気を与えてくれるような、一歩を踏み出すために背中を押してくれるような、そんな印象を受けます。

川田十夢さんは、この「どちらも優れた素材」をシンプルに味付けして、立体感を与えるようなバランスとセレクトのセンスが光る、投稿だと思うのです。

枕詞の役割

「死ぬこと以外かすり傷」というのは、「たいていのことは致命傷にならないんだから、そんなに気にするなよ!だろ?はっはっは」みたいな、男気あふれるような、心強い言葉。

ボクも/ワタシも、「そうなれたら・・・」と思わされるし、「そうだよな!」と、ある意味では納得できる言葉です。もうすこし強く言えば、「勇気を出せ」とも。

この「死ぬこと以外かすり傷」という言葉を、前提条件として提示されたあとに、「目にうつる全てのことはメッセージ」だよ、と言われると、「ぇ、あ、、、そ、そうd、かすり傷じゃないの?」と、挙動不審になりそう。

枕詞で、こんなにも意味が変わってしまうんだなーという、発見です。

そもそもは「やさしさに包まれたなら」

そうなると

「目にうつる全てのことはメッセージ、なんていちいち気にしてられるか」

と思わされてしまうのですが、このフレーズの曲のタイトルを思い出してみましょう。

そうです。

「やさしさに包まれたなら」なのです。

やさしさに包まれた状態(やさしい世界において)では、「目にうつる全てのことはメッセージ」なのです。

気遣いや心配り、見えない仕事や、思いやりが、溢れているよ、っていうことを伝えたいんですよね、きっと。

ところが、「死ぬこと以外かすり傷」という世界では、「傷つけ/傷つけられる」わけですから、「目にうつる全てのことは、かすり傷」となるわけで、かすり傷をいちいち気にしてられないわけす。むしろ、「いかに致命傷を与えるか/避けられるか」というのが重要になってくるわけです。

世は、「生きるか/死ぬか」に二極化してきているのです。怖い。

「YouはShock !!! by 北斗の拳」の世界である。

年代を整理してみると

作品のリリースという観点から整理してみましょう。

  • 「やさしさに包まれたなら/松任谷由美(1974年リリース)」
  • 「死ぬこと以外かすり傷/箕輪厚介(2018年リリース)」

ということなので、

  • ユーミンの世界観から46年後の世界(2020年 − 1974年 = 46年)
  • 箕輪厚介さんの世界観から2年後世界(2020年 − 2018年 = 2年)

にボクたちは生きています。

そして時代は2020年へ

情報戦国時代。

食うか/食われるか、炎上するか/バズるか。

いま、再放送している「逃げるは恥だが役に立つ」に登場する、みくりちゃんの妄想番組

「異論!反論!オブジェクション」

を超えて、ボクたちはどんな時代を作り、生きていけるのでしょうか。

さいごに

いかがでしたでしょうか?今回は、Twitterでみつけた面白い投稿を、独自の視点で眺めてみました。深く考えると、タイピングの指が止まりそうだったので、勢いで書き上げました。すこしでもおもしろがってもらえれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 


<自己紹介>
ハーバルカフェプラーナ店主の神馬(ジンバ)です。2011年4月からプラーナを開業して、ハーブとアロマの専門店をしています。日本メディカルハーブ協会認定のハーバルセラピストです。ハーブ専門家として活動や、セラピストとして「ライフスタイルデザイン」のアドバイスをしています。お仕事のご依頼、お待ちしております。

応援よろしくお願いいたします
オンラインストアはこちらをクリック
プラーナの目的は「ハーブやアロマを活用して疲れを癒すライフスタイル」を普及すること


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です