リニューアル、リフォーム、D.I.Y.|ブライワックスで仕上げる簡単デスク


本日も、「アロマの基礎」更新しました。今回は、中級者へのステップアップにつながる、ワークショップ形式の内容になっています。

#7 ブレンドの基本2|精油の個性を考えて、3種類以上の精油をブレンドしてみよう

うちで取り扱っていない精油もあったので、6月の発注の時に、入荷してみたいと思いました。実際に、これらの香りをためしてみたいですよね〜。

個人的に気になったのが、「カルダモン」の精油。スパイスでは使いますが、精油で使ったこともないし、テスターで嗅いだこともないかもしれない。いま、値段調べてきましたが、ちょっと高い。ん〜。どうしよう。

店舗のリニューアルについて

新しい生活様式に対応するため、店舗のリニューアルをしています。スーパーなどでも、飛沫感染防止のビニールシートを設置していたりしますが、プラーナはどうしたらいいのかなぁと考えています。

今回のリニューアルでは、大幅なレイアウト変更をすることにしました。接客していたカウンターを奥に移動して、喫茶スペースをフロアーに移行しようと思います。ボクの頭の中でプランは出来上がってきていますので、あとは作業しながら、考えていこうと思っています。

リフォーム作業について

今回は、いや、今回も、ボクがじぶんで、リフォーム作業しようと思います。いま使用している、カウンターやディスプレイ用の棚なども、じぶんで作って、リフォームしてきました。今回は、カウンターを一部解体して、リビルドすることになると思います。そのまま移動できたらいいのですが、どうやらサイズ寸法的に、むずかしそうです。

ボクは木材加工が好きなんですけど、なんといっても、じぶんで加工できるので、自由度が高いのがいいですよね。今回のようにリメイクもできます。木材は、ほんとうに便利ですよね。

D.I.Y.で在宅ワーク用デスクを作製

店のリフォームのことを考えていたら、自宅のリフォームや片付け、整理整頓がしたくなってきて、片付けています。今日は、在宅ワークができるように、じぶん用のデスクを作りました。

いままでは、2×4木材とコンパネを組み合わせて作ってきましたが、今回は、あたらしいアイデアで、「秋田杉(実付)針葉樹合板 24×3×6」という材料を使いました。

通常の合板の2倍の厚みがある24mm厚の合板を1枚使って、あとは、固定用のL字金具とネジがあれば、できます。

設計図はこちら。

カットは3回で、ホームセンターで、1カット50円でやってくれます。

机やデスクの高さはだいたい70cmなので、700mmの足を2枚分です。天板は、横方向に140cmにしたかったので、1400mmにしました。これを「コの字型」に組み立てるだけで、デスクができます。

材質は秋田杉で、そのままでもかっこいいし、いい香りがしますが、今回は、「ブライワックス」というオイルフィニッシュ塗料を使用することにしました。

しっかり塗り込んで、余計な塗料を拭き取ったら、全体をなじませるために、新聞紙を丸めて、版画で使う「バラン」の要領で、全体を磨きます。ワックスなので、ある程度木材に染み込むと、あとは磨いていけば、ツルツルコーティングっぽくなります。

 

夢中で作業していたら、膝に少しついてしまいました。作業用のジーンズではなくて、普段使いのジーンズだったのですが、古着っぽく着るのも好きなので、これもまた、思い出というか、味わいに。

ブライワックスが馴染むまで、今日は、そのまま放置して乾かします。デスクが完成したら、写真を公開したいなーと思っています。

さいごに

いかがでしたでしょうか?新しい生活様式に対応するために、これまでの内装や動線などを見直していますが、気分もリニューアルしてきました。

こういった作業をプロにお願いするのもよいですが、じぶんで考えて、作業するのも、ゆたかな時間の過ごし方なのかなーと思っています。

無心になってブライワックスを塗り込むのも、瞑想のようにマインドフルネスできるので、たのしかったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

追記

間接照明なので、イメージ写真っぽくなりましたが、こんな感じになりました。今後は、PCのうえにちょっとした本棚も作る予定です。

 


<自己紹介>
ハーバルカフェプラーナ店主の神馬(ジンバ)です。2011年4月からプラーナを開業して、ハーブとアロマの専門店をしています。日本メディカルハーブ協会認定のハーバルセラピストです。ハーブ専門家として活動や、セラピストとして「ライフスタイルデザイン」のアドバイスをしています。お仕事のご依頼、お待ちしております。

応援よろしくお願いいたします
オンラインストアはこちらをクリック
プラーナの目的は「ハーブやアロマを活用して疲れを癒すライフスタイル」を普及すること


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です