夜はゆるめよう|メリハリのある1日の暮らし


今日の秋田市は29℃まであがる予報になっています。秋田の人は溶けそうなくらいの暑さですねぇ。新しい生活様式で、マスクをつけている方が多いと思いますが、酸欠になったりしやすいので、気をつけたいですね。

近況報告

本日も、店舗営業再開に向けての作業優先のため、PLLの更新はおやすみいたします。

昨日は、内装のレイアウトや大幅な修繕作業はほぼ終わりました。あとは、整理整頓と片付け、細かいバランス調整、といったところです。

あたらしいレイアウトになるので、作業の動線もどうなるのかわかりませんが、まずはやってみて、様子を見ながら、ちょっとずつ調整していきたいと思います。

夜はゆるめよう

本日のコラムは、「夜はゆるめよう」です。

先日、「原稿を書くのは、朝がいい」というようなことを書いたと思います。探してきますね。どこだったかな。・・・ありました。これです、これ。

原稿を書くのはいつがいいのか?|朝?夜?昼?

これを書いてから、朝と夜のことを意識しているのですが、やっぱり、夜に創作活動や作業をしても、効率が落ちるし、翌日確認すると、やり直し、ということがありますので、やっぱり、朝(または日中)にやらなければならないことをやっておいたほうがいいなー、と感じています。

ゆるめるということ

自律神経の特徴からみても、夜は副交感神経優位に傾いていきますから、のんびりと、ゆったりと、回復モードにしておいたほうがよさそうです。なので、なるべくパソコンを開かないようにしています。

最近、取り組んでいるのは、YOGAです。YOGAにも流派がありますが、ボクは、そのとき思いついたり調べてみつかったYOGAをしています。とくに、がんばらない方のYOGAで、ストレッチに近いと思います。

なぜ、夜にゆるめるのか

夜にゆるめておかないと、翌日の朝が「ガチガチ」になっているということに気が付いたのです。最近は、リフォーム作業などで、体を動かしたり、慣れない作業で体力も使っていますから、きっとそういうのが影響しているのかなーと思っています。

これは体だけじゃなくて、心もそうなのかなって思います。

日中は、作業に集中したり、いろいろ考えて決断したり、とやはり緊張状態なわけだし、だら〜んとしているよりは、チカラを入れて、固めておいたほうが、ブレません。

なので、日中の緊張をほぐして、体も心もゆるめておかないと、つぎにチカラを入れることができません。

ボルダリングから学んだチカラの極意

ボルダリングって、しがみつくイメージがあると思うんですけど、しがみつくには、手を開かないといけないんです。これ、当たり前なんですけど、登っていると気づかないんですよね。

たとえばですが、ややバランシーな課題で、3〜4手進んだとします。そのあと、ランジ、またはデッド気味にホールドを取りに行くときは、握り込んだままだと、そのままホールドにグーパンチをして、落ちます。笑

つまり、ここでの手の動作をみると、

  • 1手:つかむ
  • 2手:つかむ
  • 3手:つかむ
  • 4手:開いてつかむ

という動作になるんです。厳密に言えば1〜3手でもやっていることなのですが、

  • つかむためには、一度、手を開かなければならない

のです。

これを意識すると、ランジやデッドでも、ホールドを取れるようになります。

この教訓から

話がそれましたが、朝と夜も、チカラを入れているのなら、チカラを抜かないと、次にチカラを入れられない、ということを言いたかったのでした。

さいごに

いかがでしたでしょうか?夜はゆったりとのんびりすごして、お風呂に入ったり、体操したり、ぼけ〜っとしたりして、ゆるめる時間にしてみましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


<自己紹介>
ハーバルカフェプラーナ店主の神馬(ジンバ)です。2011年4月からプラーナを開業して、ハーブとアロマの専門店をしています。日本メディカルハーブ協会認定のハーバルセラピストです。ハーブ専門家として活動や、セラピストとして「ライフスタイルデザイン」のアドバイスをしています。お仕事のご依頼、お待ちしております。

応援よろしくお願いいたします
オンラインストアはこちらをクリック
プラーナの目的は「ハーブやアロマを活用して疲れを癒すライフスタイル」を普及すること


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です