いっしょに、たのしんでくれる人と、つながりたい|プラーナのあたらしいココロミ


こんにちは!いよいよ、本日より営業を再開いたします。PLLはお休みさせていただきます。ごめんなさい!

PRANA Life Library

プラーナのあたらしいココロミ

ここ数ヶ月の経験から、むずむずしていた「種」のようなものが、ようやく発芽し始めたような、そんな気持ちです。店舗の大幅なリフォームもそうですが、あたらしい取り組みも始めていこうと思っています。

いっしょに、たのしんでくれる人と、つながりたい

営業自粛、活動自粛、コミュニケーション自粛、とさまざまな自粛を経験して、

  • 失ったもの
  • 得たもの

がありました。それらを通じて、辿り着いたのは

「いっしょに、たのしんでくれる人と、つながりたい」

という気持ちでした。

つながり、ヨガ、オープンマインド

店名の「プラーナ」というのは、ヨガ哲学の考え方から、名付けました。

「心と体を結びつけるエネルギーのようなもの」

そんな意味合いが妙にボクの心に響いたのを、フレッシュに思い起こさせてくれたのは、やはりヨガでした。先日紹介したヨガの雑誌を、夜に読んでいます。

プラーナ的休日の過ごし方|いまこんな本を読んでいます

カントの方はまだ進んでいませんが、ヨガの雑誌は半分くらいまで読めました。メモを取ったり、アーサナ(ヨガのポーズ)をしてみたり。かなりたのしめています。この雑誌は、アーサナのことだけではなく、ヨガ哲学や考え方、心のこと、についても、語りかけてくれます。

いちばんの気づきは、

「ヨガとは、つながりである」

という言葉でした。「つながり」というと、ボクは苦手なイメージを持ってしまっていたのですが、この雑誌では、「自分とのつながり」ということから、語りかけてくれました。

つながりにも、内と外がある

「つながろう」といえば、ほとんどのヒトが、外のつながりをイメージするのではないでしょうか。広がり、ネットワーク、と言ってもいいかもしれません。しかし、ヨガでは、内側のつながりを大切にしています。

自分が自分とちゃんとつながるために

どうしたら、自分が自分とつながれるんだろう。自律神経だって、マインドフルネスだって、睡眠だって、自分と自分とがつながる方法です。これらの共通するのは、「心」なんですよね。日本語では「心」ですが、英語にすると、「Heart」「Mind」「Spirit」などに英訳されます。

簡単に分けてみると、

  • 「heart」は「胸」からわきでる「感情」を伴う「心」
  • 「mind」は「頭」で考える「思考的」な「心」
  • 「spirit」は「精神」「魂」という意味をふくむ「心」

となるようです。

そこで、Yogini(雑誌)は語りかけてきました。

心を開きなさい、と。

OPEN HEART, OPEN MIND, OPEN SPIRIT

ヨーガ・スートラには、「前向きな心」について、下記のような記述があるそうです。

  • 慈悲の心
  • 感謝の心
  • ジャッジメントをしない

このような心をもつことで、過去の出来事とどのようにつながっていくのか、が変わってくる、とのことです。

さらにヨガの教えの素晴らしさには

  • 完璧であるということを、”求めていない”ということ

ということがあるそうです。これはつまり、

  • あなた自身になること
  • あなた自身でいること

これらを「ただ認めること」が大切だ、とYoginiは語りかけてくれます。

さいごに

いかがでしたでしょうか?Yoginiが語りかけてくれることは、難解ではありますが、シンプルでもあります。これらを通じてボクが感じたのは、

  • いっしょにたのしんでくれる人
  • いっしょによろこびを分けあえる人
  • お互いを理解しようと努めてくれる人
  • お互いを応援しあえる人

こんな人たちと、同じ時間を過ごし、共有していきたいと思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


<自己紹介>
ハーバルカフェプラーナ店主の神馬(ジンバ)です。2011年4月からプラーナを開業して、ハーブとアロマの専門店をしています。日本メディカルハーブ協会認定のハーバルセラピストです。ハーブ専門家として活動や、セラピストとして「ライフスタイルデザイン」のアドバイスをしています。お仕事のご依頼、お待ちしております。

応援よろしくお願いいたします
オンラインストアはこちらをクリック
プラーナの目的は「ハーブやアロマを活用して疲れを癒すライフスタイル」を普及すること


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です