近況報告|余白について、思うこと


ほぼ毎日更新しているブログですが、すこし空白ができちゃいました。世の中は4連休ですが、プラーナは通常通りに営業することにしました。なので、お店が開くのは、土曜日、日曜日、月曜日、です。

火曜日と水曜日は、定休日をいただいて、心と体を休めたり、リフレッシュする時間にしています。

残りの、木曜日と金曜日は、インターネットのコンテンツや、通販、業務用などの仕事、そして雑用、事務処理、などをしています。

生活のリズムを変えて、得られたもの

コロナ前後で生活リズムが変わった方も多いと思います。ボクの場合は、「疲れを残さないライフスタイル」をきちんと見直して、実践することにしました。もっとも優先していることは、「がんばりすぎないこと」です。

がんばったら、がんばった分だけ、リターンは、ありません。

一定のリターン(成果)は得られますが、ボクはその先のことを話しています。

どうしても超えられない壁。自分の限界のようなものです。

ある程度のステージに来たら、その「壁」をなんとかしなければ、先に進めません。その壁は、

  • 登るのか
  • 壊すのか
  • 登らないのか
  • 別の壁にするのか

など、いろいろな選択肢があります。

ボクは、そんな壁にたどり着いたとき、「ちょっと、落ち着いてみよう」と思いました。

落ち着いて、得られたもの

余白、といったらいいのでしょうか。余力、余裕。あれ。思いつく言葉には「余」がつきますね。ネットで調べてみると

1 そのほか。それ以外。「余の儀」「余は知らず当面のことを考えよう」

2 あまって残ったもの。残り。あまり。残余。「余は追って通知する」

3 (「…の余」の形で)多く数量を表す語に付いて、その数量をわずかに上まわる意を表す。「五年の余を経て完成する」

という意味があるようです。

この3つの意味を、「余白」「余力」「余裕」にそれぞれ当てはめて考えてみても、いろいろな意味があるんですね〜。余白で例を挙げれば、

  1. 白以外
  2. 白の残り
  3. 白よりちょっと多い

それ以外だったり、あまったり、はみだしたり。余白とは、そういう意味らしいです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?今回は、落ち無し!ただ思ったこと、頭の中にプカプカしているものを文字にしてみました。思考のメモ、みたいなものです。

このブログも「ほぼ毎日更新」を心がけていますが、「余白」ができることがあります。余白を「ブランク」と言えば、仕事のキャリア上ではあまり良い意味で使われていないけれど、それは、「余白なんだ」と解釈することで、なにか別のものが見えてくるように思いました。

余白がないと、新しいものが入ってくる「余白=空白=スペース」がないもんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご来店時のエール、このブログへのコメントもお待ちしております!


<自己紹介>
ハーバルカフェプラーナ店主の神馬(ジンバ)です。2011年4月からプラーナを開業して、ハーブとアロマの専門店をしています。日本メディカルハーブ協会認定のハーバルセラピストです。ハーブ専門家として活動や、セラピストとして「ライフスタイルデザイン」のアドバイスをしています。お仕事のご依頼、お待ちしております。

応援よろしくお願いいたします
オンラインストアはこちらをクリック
プラーナの目的は「ハーブやアロマを活用して疲れを癒すライフスタイル」を普及すること


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です