文章はむずかしい|書くこと、読むこと、話すこと|伝え方と受け取り方|コップ問題


今回は、「文章はむずかしい」について書き出してみたいと思います。

前回の投稿を振り返って

ブログは、自分自身でも数回は読み直します。校正するからです。それでも誤字脱字があったりします。プロのライターではないし、無料のコンテンツだから、書き手のボクはそんなもんだろうなぁと思ってい書いています。

前回の投稿ですが、次の日にふと読み直してみたんですね。

店舗営業で心掛けていることをまとめました|10年目のチャレンジと心境

 

どうですか?これ。

自分で書いておいていうのもなんですが、文章下手だな、と。苦笑

たしかに、言いたいことや思っていることは書けていると思うのですが、響き方っていうか、伝わり方っていうか。文章に角があるとも、読めなくもないなぁと。

常連さんからのお言葉

この前、ご来店いただいた常連さんから「ブログ読んでますよ」とお声掛けいただきました。前回、あんなこと書いたから、言ってくれたのかなぁと思いながらも、やっぱり、ボクは嬉しかったです。

そこで「ちょっと文章固かったですかねぇ」と伺ったところ、

「実際にお会いしてコミュニケーションとってますし、だいじょうぶですよ」

と。

あぁ、なんて神々しいお言葉でしょうか。こういう人を「女神」とか「天使」っていうんでしょうね。後光がさして見えます。

書くこと、読むこと、話すこと

3月からこのスタイルで、店主の思いやプラーナのこと、ハーブやアロマのことをできる範囲で伝えてきていますが、コミュニケーションってむずかしいなぁと思うこともあります。

  • 書き手の意図
  • 読み手の受け取り方
  • ちょっとした表現のセレクト
  • 演出の方向性
  • 話を盛ってしまうこと
  • 話の聞き方
  • 相槌の打ち方

アドラーが「悩みのほとんどは、人間関係だ」と言っていますが、いまこうやって考えてみると、コニュニケーションエラーが起こしているのかなぁと。あとは、問題を混ぜて考えてしまうのもよくありませんね。課題は切り分けて、考えるべきです。

伝え方と受け取り方

世界っていうのは、存在する人の数だけあるんだと思う。とくに現代は、ネットの普及も手伝って、多様性がキーワードになっています。生きにくい人は生きやすくなり、生きやすい人は生きにくくなる。そんなことも起こっているのかもしれません。ワンピースではありませんが、

  • 受け継がれる意志
  • 人の夢
  • 時代のうねり

この3つが、現代のキーワードになっているようにも解釈できますね。

さて。話を戻しますが、伝え方も大切ですが、受け取り方も大切だなぁと思います。同じ文章でも、どう受け取るかで、解釈が変わって、まったく違う意味になってしまうことだってあるはず。

念のためベースラインを合わせておきますが、ここでボクが書きたいのは

  • 嘘をついたり
  • 悪意があったり
  • 誰かを貶めようとしたり

といった、ネガティブな世界の話は、条件から除外しています。問題外!です。

コップ問題

これはだれにでも起こることだし、自分自身に向けて書いていることなのですが、伝え方も受け取り方も、「コップに余裕があるかないか」で大きく変わるんです。

ボクの中で、「人をコップに例えて考える」ということを、よくします。ハーブティーの講座では、

  • 自分自身がコップだと思ってください。まず意識してほしいのは「排泄」です。汚れたものや老廃物を出すこと。そうしないと、栄養素やミネラル、ビタミンだって、入る隙はないですし、吸収もできないでしょう。呼吸だって、吐かないと吸えません。

なんてことを話したりします。

これって、コミュニケーションでも、大切な概念なんですよね。

何かを伝えたいってことは、「コップから考えや意識が溢れているような状態」です。それを伝えるには、

  • 相手のコップが空いているかどうか
  • 注ぎたい話題に適したコップなのか

これが大切です。

まず、相手のコップが空いていなければ、注げませんから、話は聞いてくれません。ちゃんと相手のコップの注ぐことができて、そして、相手がそれを飲んで、おいしいと思わないと、うまく伝わりません。

注ぎたい話題についても、たとえばワインのように熟成された味わいか、ビールのような喉越しが心地よい味わいかによって、異なります。つまり、相手のコップがジョッキなのに、ワインを注いでも、相手は注がれたワインの香りを楽しんでくれないでしょう。

なので、話し手は「相手はどんなコップを持っているんだろう」ということを考えてあげられたらいいでしょう。聞き手は「相手は何を注ぎたいんだろう」ということを察してあげられたらいいでしょう。

適切な話題が、適切なコップに注がれること。

そして、それらをお互いにおいしく飲んで、注ぎあえること。

コミュニケーションをコップに例えて考えてみると、こんなことが見えてきます。

さいごに

いかがでしたでしょうか?今回は、「文章はむずかしい」について書き出してみました。

ボクも書き手としては素人ですし、後先考えずに思ったことを素直に書いてしまうところがあると思うですが、文章だけで判断されてもちょっと困ってしまうんですよね。だって、5分後には違うことを考えているかもしれませんし。永遠なんてないんですから。いやあるかもしれない。

まぁ、いずれにせよ、いろいろな方法で、じょうずに伝わったらいいなぁと思っています。

かといって、実際に会うことがベストかといえば、そうじゃないこともありますから、コミュニケーションとは、なかなか正解がないし、そのときの、感性が大きく影響するんだなぁと思ったのでした。

そういう意味でも、ハーブやアロマは、「コップを整えておくこと=自分を磨くこと」にとても役立つなぁと思うのであります。

 

新着商品は、オンラインストアでチェック!

▼オンラインストアはこちらから!▼

https://herbalcafeprana.raku-uru.jp

小さい商品は、ネコポス(送料330円でポストに届く)も対応いたします。

ぜひお気軽にどうぞ!

 

ハーブやアロマの説明については、PLLをご活用ください。

PRANA Life Library

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご来店時のエール、このブログへのコメントもお待ちしております!

コンテンツ更新情報

こちらも更新しています!

ぬか床★飼育日記|自宅で始めた「ぬか漬けライフ」の記録


<自己紹介>
ハーバルカフェプラーナ店主の神馬(ジンバ)です。2011年4月からプラーナを開業して、ハーブとアロマの専門店をしています。日本メディカルハーブ協会認定のハーバルセラピストです。ハーブ専門家として活動や、セラピストとして「ライフスタイルデザイン」のアドバイスをしています。お仕事のご依頼、お待ちしております。

応援よろしくお願いいたします
オンラインストアはこちらをクリック
プラーナの目的は「ハーブやアロマを活用して疲れを癒すライフスタイル」を普及すること


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です