オリジナルポストカードをプレゼント|オンラインストア限定で非売品のハーブティーの入れ方

 

今回はオンラインストアでのキャンペーンをご紹介いたします。

 

プラーナでもっとも聞かれる質問

2011年の4月にオープンしてから、プラーナで一番聞かれている質問はなにかというと、「ハーブティーってどうやって入れたらいいですか?」ということです。

この気持ち、とてもよくわかります。なぜかというと、ちゃんとしたハーブティーを飲んだことがないからです。

 

ところで「ちゃんとしたハーブティー」っていったいなんなのか、よく考えると疑問は深まっていきます。この疑問の本質を探っていくと、つまるところは「ハーブティーは慣れ親しんだ味ではない、身近にない」ということなんですよね。

 

たとえば、

「ただしい味噌汁の味がわからない」

ということって、わたしたち日本人にありえるのでしょうか?

正直、外食で提供される味噌汁ってボクにとっては「けっこう味が濃い」ことが多いです。なんなら半分くらいに薄めてちょうどいいときもあります。インスタントの味噌汁(1食ずつになっているタイプ)も、倍くらいに薄めてもだいじょうぶな体質です。

・・・と話を戻しましょう。ちゃんとしたハーブティーの入れ方でしたね。

 

メディカルハーブ界での基本

ちゃんとしたハーブティーとは。これは日本メディカルハーブ協会が「基本」として定義しています。それは

  • 3gの茶葉に対して
  • 熱湯180mlで
  • 3〜5分、抽出する

という方法です。

これがハーブティーの入れ方の「基本中の基本」です。

あとは、さきほどの味噌汁の話ではないのですが、好みの濃さや味わい、抽出法がありますので、自分のスタイルを見つけていきましょう。

市販のハーブティーの場合

日々の生活の中で、ハーブティーの香りや味わいをたのしむのであれば、またちょっと違ったスタイルがあるようです。ボクの調査によると以下のようなことがあります。

  • 茶葉は1.5gくらいが標準的
  • 香料などフレイバーが付いているものが多い
  • 甘みを感じるハーブがブレンドされていることが多い

などがあります。

真面目な方にとっては「メディカルハーブ協会の基本から外れているから、これは邪道だ!」などと異端視してはいけません(← 冗談なので本気にしないでくださいね)。

これはこれで、企業努力であり、おいしく飲めていると思うので、こういうスタイルなわけですから、たのしみましょう。

 

ハーブの専門店として

プラーナは、メディカルハーブを取り扱っていますから、正しい知識を正しくお伝えするミッションがあります。なので、ちゃんとしたハーブティーの入れ方をみなさんにお伝えしなくてはなりません。

そこで「ハーブティーの入れ方」をポストカードにしてまとめました。こちらのポストカードをオンラインストアをご利用の方にプレゼントいたします。

<条件>

  • 2021年5月31日まで
  • 3000円以上ご注文の方

 

非売品のオリジナルグッズとなりますので、この機会をお見逃しなく。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 





♦︎ オンラインストアはこちらから

♦︎ デザインやコンサルタントはこちらから

♦︎ 個人のブログはこちらから