第1回 「腸」は「進化」の立役者

このページでは、NHKテキスト「腸内細菌のチカラ」の内容を、自分でわかりやすいように、端的に整理して、見解を書き出していきます。

二つのエネルギー生成系

  • 生物の祖先が誕生したのは酸素のない世界
  • 現存する二つの原核生物の系統「真正細菌」と「古細菌」に分かれた
  • 真正細菌(植物の祖先)は、光合成によって酸素を発生させた
  • 酸素を利用して生きる「好気的な細菌」が誕生し、ATPを得る
  • ATPとは、酸素を使って有機物から生命活動のエネルギーを生成する
  • 酸素を使わない細胞が、酸素を使う細胞を内部器官に取り込んで共生
  • ミトコンドリアの誕生
  • 細胞がミトコンドリアを持ち、多様な生物へと進化
  • 人間は、「解糖エンジン」と「ミトコンドリアエンジン」の2つのエネルギー生成系をうまく使い分けて生きている

活性酸素の役割

  • 原核生物は永久に生き続けられた
  • しかし、ミトコンドリアにより「死ぬ」という運命を背負う
  • それは、酸素が強い毒性を持つから
  • ミトコンドリアは、ATPを合成するときに、酸素を使う
  • 活性酸素とは、酸素の毒性を上手に活用している
  • 活性酸素が人体に有害となるのは、過剰に発生したとき
  • 細胞がミトコンドリアを働かせる以上、活性酸素の発生は止められない
  • 活性酸素の生成と消去との均衡を保てるようにする
  • 生活習慣の改善や、抗酸化力のある食物を積極的に取り入れることが必要

ミミズには脳がない

  • 生物は、内臓が腸だけで生きられる時期を長い間続けてきた
  • 動物は進化の過程で、もともとは「腸」だけで生きていた
  • ミミズは腸以外の臓器はほとんど持っていないが、物事の判断ができる
  • ミミズの腸には数えきれないほどの腸内細菌が存在している
  • この腸内細菌が、神経伝達物質を合成し、免疫細胞と共同して、病気を防ぐ免疫力をミミズに与えている

ミトコンドリアを活性化させる

  • 健康を保つためには、ミトコンドリアエンジンを活用する
  • ミトコンドリアを活性化させる3つのポイントがある
  • 1つ目は、腸内細菌をバランスよく増やすこと
  • 2つ目は、食べすぎないこと
  • 3つ目は、有酸素運動をすること
  • これらを意識しながら、「規則正しい生活」をすること
  • ミトコンドリアは、体内時計のリズムに合わせて活動しているから

体内時計を整えるのに気をつけたいこと

  • 十分な睡眠
  • 食事の量
  • 摂取栄養のバランス
  • 食べる時間
  • 太陽の光(特に朝起きた時)

体内時計は、

  • 活性酸素を消去する抗酸化酵素発生のリズムに関与している
  • ミトコンドリアの活動にも影響を及ぼす
  • 免疫機能にも影響を及ぼす
  • 若さを保つことにも深く関係している

腸の長さと脳の大きさ

  • 肉食動物の腸は短い(肉食なのでタンパク質→アミノ酸をすぐに合成できるから)
  • 草食動物の腸は長い(食物繊維を腸内細菌が発酵させてアミノ酸を合成するから)
  • 人間は腸内細菌と共生することで脳を大きくして進化した
  • 人間は雑食だが、腸の消化細胞だけでは、様々な食品を消化吸収できない
  • そこで腸内細菌に食物の消化を助けてもらっている

腸内細菌は、

  • 食物繊維を消化する
  • 体内で合成するビタミン類では間に合わないため、腸内細菌に委託している
  • ビタミンB類やビタミンKなどは腸内細菌が合成してくれている

・・・というわけで、脳が大きくなれたのは、腸内細菌のおかげなのです。

プラーナの感想

個人的にも長年考え続けてきたことが、「腸内細菌」という観点から読み解かれており、非常に驚きを感じたと同時に、納得もできてしまいました。

「この理論を言いたいがために、都合の良いことだけを切り取っているのでは?」という疑いの観点も意識してみましたが、流れるような語り口に魅了されて、納得しているという状態です。

以前、プラーナでは、「プラーナ式養生術」なんてことを考えたこともありました。食事について考えた時、そもそも人間は何を食べてきたのか、という考え方にたどり着き、自分なりに検証をしてみましたが、どうも納得できなかったのです。

ところが。「人間の消化器官」に「腸内細菌が住み着いている」という切り口から、「人間は腸内細菌と共生している」という観点を見落としておりました。

藤田紘一郎さんの説明は、原始人よりも以前の原始生物から始まり、進化の過程を腸内環境の観点から説明してくださっています。さらに、「ミミズ」という身近な生物を例に挙げて説明されており、説得力のある文章構成となっておりました。

人間には、2つのエネルギー系があるのも、なんとなく分かってはいたものの、腸内細菌と関連づけて理解できておらず、今回のような納得にまではいたっていませんでした。情報と知識、そして、知恵、という違いを目の当たりにした体験でした。例えるなら、違うパズルだと思っていたピースが、ピタッとおさまったような快感でした。

体内リズムや睡眠、そして規則正しい生活についての根拠も、ミトコンドリアを根拠にした説明は、「なるほどな〜」と納得することしかできませんでしたし、そうなんだろうな〜という奇妙な予感のようなものも手伝って、不思議な気持ちになりました。

まさか、ぬか漬けからこんな展開になるなんて思っていませんでしたが、とても良い機会に巡り会うことができました。