お灸をしてみませんか?

 

 

最近、寝る前にお灸をすると、よく寝れるような気がする。ボクがやっているのは「火を使うタイプ」なので、火の元には十分気をつけてくださいね。うまくツボが取れると「キューーーーーーーーーー」って温熱刺激がきます。時間にして数秒なんだろうけれど「わーーーー、もうダメかも」なんてときがたま〜〜にありますが、これがクセになります。むしろこれを待っている時もあります。笑

お灸をするかしないか、というのは、もしかしたら、子供の頃の環境にあるのかもしれません。うちは両親がお灸をしていたので、ボクはどこの家でもやっているものだと思っていましたから。でも、実際にお客さんと話していると、そんなことはなくて、やっぱり、親がやっていたとか、おじいちゃんがやっていたとか、身近にそんな存在がいないと、なかなか踏み出せないみたいです。

昔ながらの本格的なお灸は、「お灸を据える」みたいな、罰ゲーム的なほど熱いイメージがありますが、近年のお灸は、安全面も配慮されているので安心してチャレンジしてみてください。こんなに気持ちいいから、みんなももっとやったらいいのになー、って思いながら、オススメしています。不安のある人は、まずは「火を使わないタイプ」からどうぞ。「火を使わないタイプ」は、40度程度の温熱刺激が3時間ほど持続します。服を着たままで、匂いもしないから、日中うごいていてもOKです。

念のために、注意事項を書いておきますね。
・「炎症」や「急性期の不調」がある方はNG
・皮膚/肌の弱い方は、じゅうぶんに気をつけてください