カモマイル・ローマン|りんごのような甘酸っぱい香り|精油辞典


エピソード

パワフルな香りで心を落ち着かせる。ハーブティーやガーデニングの植栽としても親しみのある、白く小さな花が印象的なカモマイル。精油は、花が大きめで花びらが横に広がる種類のものから採油されます。香りの特徴は、りんごのような甘酸っぱさ。心を落ちつかせてくれる香りで、月経周期のトラブル時や、寝付きが悪い子供に用いることなどから、ヨーロッパでは「女性と子供のための精油」と呼ばれています。精油の中でも香りが強めなので、ブレンドを楽しむ際には、他の精油よりも少なめの量にするとバランスが取れます。

主な用途

  • 芳香浴
  • スキンケア
  • マッサージ
  • 入浴
  • 湿布

相性の良い精油

  • イランイラン
  • シダーウッド
  • ジャスミン
  • パルマローザ
  • ベルガモット
  • メリッサ
  • ラベンダー

心:心をコントロールして癒しと元気をくれる

緊張感や不安な気持ちを鎮めてくれるので、憂鬱な気分の時や、心配事があって眠れないときに芳香浴を楽しんだり、丁寧にブレンドしてバスタイムに取り入れましょう。爽やかなりんごのような香りで、心地よく明るい気分に浸れます。

体:疲れや痛みのストレスを軽減して、体を休める

古代エジプトでは、熱病への対処や頭痛などの民間薬として使われていました。辛い筋肉痛や月経痛のときには、温湿布や冷湿布として取り入れましょう。甘酸っぱい香りで気分が穏やかになり、体をゆっくり休めることができます。

肌:マッサージで心身のビューティーケア

香りの強さとは相反するように、肌への刺激が比較的穏やかなカモマイルローマン。癒しへと導いてくれる香りは、スイートアーモンドオイルなどで希釈してマッサージなどに取り入れると、有意義な心身のビューティーケアができます。

ブレンドメモ

芳香浴+マンダリン

カモマイルローマンの甘酸っぱい香りとマンダリンの穏やかな柑橘系の香りは、どちらも心を明るくしてくれます。気分をすっきりさせるフレッシュな組み合わせなので、胃もたれなどが辛いときの、気分転換にも役立ちます。

手浴 or 足浴+ラベンダー

手足の乾燥がひどい、冷えが辛いと言うときには、洗面器にラベンダーとカモミールローマンを1滴ずつ加えて手浴や足浴を。じんわりと体を温めながら、2つの花の豊かな香りが心の奥までほっとさせてくれます。手や足が温まると、心も落ち着いて、質の良い睡眠が得られるようになります。

美容+ゼラニウム

カモマイルローマンとゼラニウムの精油を天然塩に混ぜてバスソルトに。カモマイルローマンの爽やかな香りとゼラニウムのローズのような豊かな香りが相まって、優雅な気分で入浴が楽しめます。

マッサージ+ラベンダー+オレンジ+ローズマリー

カモマイルローマンを中心にブレンドしたオイルで、疲れた体をいたわってあげましょう。甘さとフレッシュさのバランス良い香りは、心身のリラックスにはぴったりです。

この投稿は参考文献をもとに、プラーナの経験などを交えて記載したものです


<自己紹介>
ハーバルカフェプラーナ店主の神馬(ジンバ)です。2011年4月からプラーナを開業して、ハーブとアロマの専門店をしています。日本メディカルハーブ協会認定のハーバルセラピストです。ハーブ専門家として活動や、セラピストとして「ライフスタイルデザイン」のアドバイスをしています。お仕事のご依頼、お待ちしております。

応援よろしくお願いいたします
オンラインストアはこちらをクリック
プラーナの目的は「ハーブやアロマを活用して疲れを癒すライフスタイル」を普及すること