ローズマリー|ユーカリに似たさわやかな香り|精油辞典


エピソード:清々しい香りは若さと活力の源

名前はラテン語の「海の雫」という意味に由来し、すっきりとした強い香りが特徴です。ローズマリーの葉は肉の臭みを消してくれる効果があるので、肉料理にしばしば使われます。古代ギリシャの時代から魔除けや虫除けに利用されており、14世紀のハンガリー王妃が、ローズマリーの痛み止めを処方されて奇跡的に若さを回復したことから、若返りのハーブとして知られるようになりました。すーっとした香りは、頭をクリアにして集中力を高め、気分をリフレッシュさせてくれます。

主な用途

  • 芳香浴
  • マッサージ
  • 入浴
  • スキンケア
  • 湿布

相性の良い精油

  • グレープフルーツ
  • シダーウッド
  • ゼラニウム
  • バジル・スイート
  • ペパーミント
  • レモングラス

心:頭をクリアにして集中力アップに

ローズマリーがもつシャープでクリーンな刺激ある香りは、嗅ぐだけで頭がすっきりとします。仕事や勉強、運転中など集中力を必要とする時や眠気覚ましをしたいときに頼りになるので、バックに忍ばせて持ち歩きたい香りの代表です。

体:元気のない時に活力をチャージ

なんとなく頭がぼんやりする、いまいち調子が出ないと言う時にカンフル剤的な役割を果たしてくれるのが、フレッシュなローズマリーの香り。みるみる元気がみなぎり、日々を活発に過ごすサポートをしてくれるはずです。

肌:爽やかな香りでリフレッシュ効果も

爽やかな香りのローズマリーは、化粧水やクリームなど、様々なスキンケアに好まれています。さっぱりと肌を洗い流した後に使うと、香りのリフレッシュ効果で、ストレスによる肌荒れにも力強い味方になってくれそうです。

ブレンドメモ

芳香浴+グレープフルーツ

集中力を高めたいときには、気分のリフレッシュに最適なグレープフルーツと、頭をクリアにするローズマリーの組み合わせを。スイートアーモンドオイル10mlに、1滴ずつ入れて手首に塗ると、作業もはかどります。

ヘアケア+シダーウッド

髪の乾燥に悩んでいるときには、ココナツオイルにシダーウッドとローズマリーの精油を1%の希釈率で混ぜたヘアオイルでトリートメント。オイルで保湿しながら、健康的で艶のある髪へ仕上げてくれます。

美容+ジュニパーベリー

最も手軽にスキンケアに取り入れるなら、簡単なローションがオススメ。精製水25mlにホホバオイル5ml、ローズマリーとジュニパーベリーの精油を各1滴加えて、よく混ぜるだけで完成です。

温湿布+ラベンダー

パソコンの画面とにらめっこして目が疲れたときは、リラックスのラベンダーにリフレッシュのローズマリーの組み合わせを。熱湯に精油を各1滴ずつ入れてタオルに浸して絞り、首筋を温めて目の疲れを癒します。

この投稿は参考文献をもとに、プラーナの経験などを交えて記載したものです


<自己紹介>
ハーバルカフェプラーナ店主の神馬(ジンバ)です。2011年4月からプラーナを開業して、ハーブとアロマの専門店をしています。日本メディカルハーブ協会認定のハーバルセラピストです。ハーブ専門家として活動や、セラピストとして「ライフスタイルデザイン」のアドバイスをしています。お仕事のご依頼、お待ちしております。

応援よろしくお願いいたします
オンラインストアはこちらをクリック
プラーナの目的は「ハーブやアロマを活用して疲れを癒すライフスタイル」を普及すること